現金化を自分で行う場合の利用資格剥奪のリスク

HOME » じぶんで現金化 » 現金化を自分で行う場合の利用資格剥奪のリスク

現金化を自分で行う場合の利用資格剥奪のリスク

自分でショッピング枠の現金化を行う場合、転売の目利きが出来るのであれば非常に高い還元率で現金を手に入れることが出来るでしょう。
人気のゲームや家電を調べる、中古買取専門店での買取価格などのリサーチなどを徹底することによって、現金化業者を利用するよりもお得に現金化が出来てしまいます。
また、悪質な現金化業者を利用してしまう、詐欺被害に遭うといったことを防ぐこともできるのです。
クレジットカードの現金化を自分で行うメリットは、非常に多いのではないでしょうか。

しかし、クレジットカード現金化業者を通さずにクレジットカードのショッピング枠現金化を行うことにはリスクもあります。
最も注意をしなければならないリスクは、ショッピング枠現金化を目的として換金率の高い同じ商品を何度も購入するという行為です。
換金率の高い商品の購入は、クレジットカード会社から不審な利用であると判断される可能性が高いのです。
そのため、換金率の高い商品では無く、インターネットオークションで高額落札される商品を購入する事がおすすめです。
インターネットオークションで落札される商品というものは、一般的に換金率の高い商品では無いものも沢山あります。
希少性のあるものなどを「仕入れる」というイメージです。

クレジットカード現金化は、カード会社では禁止としている行為です。
ショッピング枠の現金化が知られてしまえば、カードの利用停止は勿論、キャッシング枠の利用分とショッピング枠の分割払いなども一括で請求されることとなります。

換金率の高い商品は、カード会社から不審な利用であると判断されてしまいます。
クレジットカード現金化業者を通さずに現金化を行いたいのであれば、少ない金額を目標として、頻繁に行うことは止めましょう。
まとまった金額の現金が必要な場合には自分で行うことはカード利用資格剥奪のリスクが高くなります。
その場合には、現金化業者へ申し込みを行うことがおすすめです。