現金化をじぶんで行う場合と業者との比較

HOME » じぶんで現金化 » 現金化をじぶんで行う場合と業者との比較

現金化をじぶんで行う場合と業者との比較

クレジットカードのショッピング枠現金化では、換金率の高さを売りにしている現金化業者を選び、申し込みを行います。
しかし、クレジットカードの現金化は、じぶんで行うことも出来てしまうものです。
じぶんで行うことが出来る作業であるのにも関わらず、現金化業者は増え続けています。
じぶんで行う場合と、現金化業者を利用した場合とでは、どれほどの差が生じるのでしょうか。

多くの方が、クレジットカード現金化で現金を作りたいけれど、悪質な現金化業者の見極めが出来ず業者を利用したくないと考えているはずです。
現金化業者の比較サイトは数え切れないほど存在し、見極めることも難しいのです。
選ぶことが出来ない、一時的・突発的に現金が必要になっただけであるという方は、クレジットカードの現金化をじぶんで行うことがおすすめです。
何度も現金化の為にカードを利用する予定が無いのであれば、換金率の高い商品を1度購入してもクレジットカード利用停止などの処分を受ける可能性が低いでしょう。
しかし、多額の現金を作るのであれば、優良な現金化業者を選別した上で申し込みを行いましょう。
現金化業者は、カード停止とならないためのノウハウを知っているからです。

クレジットカードの現金化をじぶんで行うためには、面倒な作業もこなす必要があります。
換金率の商品を選び、買取専門店へ持ち込むという作業です。
現金化業者を利用した場合、この作業は必要ありません。
現金化業者の指定する商品を購入し、後は送金をしてもらうだけであるためです。

じぶんで行うメリットは、顔も知らない他人に個人情報を渡す必要が無いという点でしょう。
個人情報が悪用される詐欺被害も起こっているため、その様な被害に遭うことなく現金化が可能です。

クレジットカードの現金化を行う場合には、じぶんで行う場合と現金化業者を利用する場合、それぞれのメリットとデメリットを検討する必要があります。
また、カード会社の利用規約に違反するという事を念頭に置いて、カード停止処分となる場合も想定しておきましょう。