じぶんで現金化をする際の注意点

HOME » じぶんで現金化 » じぶんで現金化をする際の注意点

じぶんで現金化をする際の注意点

クレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法は、自分でも行うことが可能です。
ショッピング枠の現金化とは、クレジットカードで商品を購入し、商品を買い取ってもらう方法で現金を作るというものです。
行う作業は商品の購入と専門店への持ち込みのみであるため、非常に簡単に現金を作ることが出来てしまいます。
しかし、自分で現金化を行うためには注意点もあるのです。
注意点や、詳しい現金化の方法を紹介します。

じぶんで現金化を行う際の注意点は、商品選びを行い、購入から転売まで時間を確保する必要があるという事です。
現金化業者と通さない場合、商品の購入から買取専門店への転売作業まで、すべて1人で行います。
さらに、購入する商品は自分の好きなものでは無く、買取専門店で買い取り可能かつ換金率が高いものを選ぶ必要があるのです。

現金化に適した商品として最も有名であり、換金率が高いといわれている商品は新幹線の回数券です。
主要駅区間であれば、換金率は95%以上になることもあります。
換金率だけで考える場合、クレジットカード現金化には最適です。
しかし、新幹線の回数券を購入する際には注意点もあります。
高額の現金が必要な場合、回数券のまとめ買いをしてしまうはずです。
新幹線の回数券に限らず換金率の高い商品は、クレジットカード会社からペナルティを受けるリスクがあるのです。
現金化は利用規約違反となります。
換金率の高い商品をまとめて購入した場合、不正な利用でないか、現金化を目的としていないかと疑いを持たれてしまうのです。
万が一キャッシング枠も限度額まで使い切っている場合、現金化目的を疑われカードが一時停止となる可能性があります。

換金率の高い商品は、まとめ買いをしないことがポイントです。
じぶんで行う現金化では、現金化業者を通すよりもカード停止のリスクが高くなります。
もしも高額な現金が必要な場合には、無理をしてじぶんで現金化を試みず、現金化業者を通す様にしましょう。