じぶんで現金化をするデメリット

HOME » じぶんで現金化 » じぶんで現金化をするデメリット

じぶんで現金化をするデメリット

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法です。
現金化専門業者も存在しますが、じぶんで行う方も多いのです。
クレジットカードの現金化をじぶんで行う場合、リスクとデメリットも存在します。

まずメリットは、換金率をはっきりと確認出来るという点です。
現金化業者は、高い換金率を表示しながらも手数料などを徴収するケースが多いのです。
この様に、実際に受け取ることが出来る金額に不安がある方はメリットが多いでしょう。

しかし、じぶんで行う現金化にはデメリットも存在します。
最大のデメリットは、手間がかかることです。
まず商品の購入をする必要があります。
インターネットショッピングでも購入が可能ですが、すぐに現金が欲しい場合には店舗で購入をする必要があるのです。
さらに購入した商品を別の場所へ転売しなければなりません。
買取専門店を探し、足を運ぶことが必要です。
数分で終了する現金化業者での手続きとは異なり、丸1日という時間を要することになるでしょう。
学生であれば良いですが、社会人の方には時間の確保が難しいはずです。
急に現金が必要になった際には、じぶんで行うよりも現金化業者へ依頼をした方が良いでしょう。

また、換金率を意識するため、購入する商品について知識が必要になります。
購入を予定している商品の販売額、売値を調べることも大切です。
情報収集も必要となり、更に手間が掛かります。

また、デメリットとしてカード会社に利用規約違反であると認識される可能性が高いという事です。
クレジットカード会社では、現金化を目的としたクレジットカードの利用を厳しく監視しています。
そのため、換金率を意識した買い物ばかりを繰り返しているとカード利用停止や退会処分などの措置が取られる可能性があるのです。